日/9月25日(日)
時間/午前11時〜、午後3時〜
場所/築地本願寺ブディストホール

2016年最後の築地公演となるこの「江戸前イケメンによる江戸前落語 決定版」
午前・午後ともどもほぼ満席に近いお客様を迎えての開催となりました。
ご来場、本当にありがとうございました。

◇公演前イベント
「紙飛行機ストラックアウト」

最近作らなくなった紙飛行機を作って、指定された枠の中に
入るように飛ばすというストラックアウトを競う紙飛行機づくりを
ワークショップにしてみました。

こちらで4〜5種類近くの紙飛行機の折り方を
紹介したものの、子どもたちは独自の折り方を編み出し
挑戦する子もいたり、思い思いに飛行機作りを楽しんでいる様子
でした。

が、これがなかなか枠には入らず…。
スタッフが作ってもそういう結果はわかっていましたが
やはり同じ(;´д`)
そうなると、お父さん、お母さんも参加しての飛行機作りとなりファミリーで楽しんでいる方もいらっしゃいました。

◇一席目…古今亭駒次「転失気」


とにかく盛り上げ上手な駒次さん。子どもたちに「こまちゃーん」と大きな黄色い声援を
リクエストするなど、高座と会場の一体感を盛り立てます。
お噺のほうは「転失気」(てんしき)。どうして子どもたちはこんなにオシッコやらオナラやら好きなんでしょうねー。ドツボにはまった一席になったようです。

◇色物…遠峰あこ(アコーディオン)


あこさんはそのやわらかな笑顔も伸びやかな歌声も、とにかくすべてが可愛らしい〜。
そう思うのは私だけではなかったようで。会場は自然と手拍子があがり、子どもたち以上に
ママさんたちが笑顔になっていました。
私のお気に入りは「ぼく、かっぱ巻き」。もう、頭に残ってしょうがないです。
こうして気持ちを軽やかにしてくれる色物さんも本当に偉大ですー。

◇二席目…古今亭文菊「死神」


この師匠、こども寄席は2回目の出演なのですが、
前回も一切子どもに向いた演目を選ばない方。その選択基準はなんであるかは
不明なのですが、今回は季節が決めてなのか真相は不明ですが、名作・傑作とよばれる「死神」。
もう噺の冒頭から背筋がゾワゾワするような期待と緊張感に包まれました。「あら、あんた、何してんの?」というおかみさんのセリフから始まったのですが、子どもたち、このセリフが落語のセリフとは思わずに、師匠が誰かに話しかけていると勘違い。最前列の子ども専用席の子供たちがみな後ろを振り向いて、話しかけられている人物を確認しようとするわけです。

未だかつてこんな状況は見たことがありません。それだけ、師匠のセリフが自然であるという証拠。もう冒頭からぐぐーっと噺に引き込まれていきます。

最後のロウソクのシーンになると、子どもたちはみな頭ひとつ前に出たような様子で食い入るように高座に見入っていました。もちろん、それは大人も同じ。

公演後のアンケートでは、こんなに引き込まれた落語に出会ったことがなかった!という声も多く、さらにはファミリークラブ会員のご家族からも「もう感激しました」という声をいただきました。

駒次さんの軽快な落語と文菊師匠の本格・王道な一席と本当にバランスのとれた、まさに江戸前な公演となりました。
昨日、7月24日、築地本願寺ブディストホールにて行われました
こども寄席 夏の特別企画 怪談特集。
多くのご家族にご来場いただき、誠にありがとうございました。


その公演後、一部のお客様より、
「あの絵付き四谷怪談の内容は低学年以下の子どもには
不適切な内容で、その旨を公演前に明らかにすべきではなかったのか」
というご意見をいただきました。

さらには、
「絵がないほうがよかったのに、どうして絵をつけたのか」という
ご質問も承りましたので、
この場で主催である私の考えをお伝えしたいと思います。

また、この他にもいろいろなご意見があるかと思いますので、
どのような些細なことでも、何なりと私どものメール
child@mazeru.comまでご意見をお寄せいただければ、
大変ありがたいです。

まず、低学年以下の子どもには不適切な内容ということですが、
確かに一部の生首の絵や血だらけの幽霊の絵などはPG12にあたる可能性が高い
とは思っておりました。

確かにあの絵がとても劇画調で、怖さを助長している雰囲気があることは
否めません。不適切な内容とおっしゃる親御さまの気持ちはとてもよくわかります。

そこまで想定しておきながら、企画に踏み切った理由はふたつあります。

1/この作品は絵を含めて講談師・一龍斎貞寿さんの作品であり、
これまでも数多く各地の子供たちの前で披露されてきたという実績があること。


2一龍斎貞寿さんが「怪談はとことん怖くないと意味がない。だからあえて絵も
手を抜かず、怖さを助長させています」とおっしゃっていたこと。


その言葉を聞いたときに「絵本 地獄」のことを思い出しました。
あれは本当に怖い絵です。鬼が人間を裁断しています。
切り刻んでいます。
私も正直、これを子供に見せる、読ませる意味があるのかと
すごく疑問に感じました。

でも、読者の感想を読んでみると、
中には子どもが嫌がるのを無理に読ませたというママもいました。
3、4歳くらいでも読ませていました。

さらにママさんたちの感想を熟読していくと、
なるほど、と思えるところも出てきました。

いつの世も、本当の怖さを小さな頃に少しずつ感じさせることで
悪いことをしない、危険なことをしない、人に恨まれるようなことをしない
そんなことが心の芯に染み込むようになるかもしれない、と思ったのです。

だからこの絵付きの四谷怪談も、
怖かったり、気持ち悪かったり、気色悪かったり
嫌な感情が湧いてくるだろうけれど、
その負の感情を完全否定せずに、
「心を強くすること」「怖いことっていつの時代もある」
というように、いろいろな教訓や親子の話題になればいいと思い、
夏休み特別企画に取り上げることに決めた次第です。

ただ、皆様のご指摘を受け止めると、
絵のサンプルを提示して、その印象を先にお伝えしたり、
一部内容に怖い描写がある、ということを
しっかりお伝えすることはあってしかるべきだったと
猛反省しております。

以後、さらに十分な配慮のもとに怪談企画を実施したいと思います。

最後に、この怪談企画が「絵付き四谷怪談」だけを
見せたかったのではなく、
怖いもの見たさの可笑しさを十分に表現した
五明樓玉の輔師匠の「お菊の皿」や
独特のユーモアトークと素晴らしいハーモニーを
披露してくださったピアニカ奏者ののだゆきさんの
ステージあっての総合企画であったことを
ぜひ思い出していただければと思います。


※PG12とは
"12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が適当とされる指定のこと。
区分表示マークの色はスカイブルー。 Parental Guidance(親の指導・助言)の略号である。
性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、ホラー映画など、小学生が真似をする可能性のある
映画がこの区分の対象になる。アニメ映画に関しても対象となる。地上波放送の場合
、CSとは異なりG指定と同様に扱われるケースが多く、新聞や雑誌の番組表にも
「PG12指定」と表記されない。
『仮面ライダー THE NEXT』/『ボーイズ・ドント・クライ』/『バイオハザード』/
『フレイルティー 妄執』などは、ほとんどの国でR15+またはR18+相当に
指定されたが、日本ではPG12指定となった。"

出典映画のレイティングシステム - Wikipedia
7月の3連休の中日、17日にさいたま市文化センター小ホールにて
こども寄席を開催。約200名のお客様を迎えて、無事終了いたしました。
多くのご来場、心より御礼申し上げます。

□前座 誕生獅子保存会


さいたまでは初獅子舞とあって、初めて見るお客様がほとんど。
にもかかわらず、逃げませんでしたね(笑)。
結構、けたたましい鳴き声で拒絶する子どもが数人いるのが常なのに、
ここの子どもたちはかなり慣れている感じ。
和やかな幕開けとなりました。



□一席目 落語「鷺取り」三笑亭夢丸

とにかく初めて落語を聴くなら、ぜったいこの人がいい!という
お一人である夢丸さん。わかりやすいのと、おもしろいのと、
人柄のよさがにじみ出ている魅力と。
個人的には言葉の投げかけの強弱で、距離感を
表す、という例えシーンがとても好きです。

□色物 江戸太神楽 鏡味味千代

お美しい&技がキレキレという、もうどうして神は
これほどの才能と美貌を与えたのか、と思ってしまう女性が
この方。実はフランス語も英語も堪能という、インテリな方でも
あります。今日の技もバッチリきまっておりました。

□二席目 「他行(出張)」 三笑亭夢丸

再び夢丸さん登場。最後はオウム返しの小話からはじまり、他行で〆。
他行とは与太郎話のひとつで、おとっつさんは出張でいません、
と言い続ける与太郎の話。この夢丸さんの与太郎が情けなくて
幼くて、愛すべきあほっぽさ満点でいい感じなのです。
子どもたちも大爆笑でした。

怪談対決を戦っていただく落語家・五明樓玉の輔

以前は「村越茂助」で大いに笑わせてくれた一龍斎貞寿さん。
今回はこわーい四谷怪談。もちろん、笑いなしです。



もうすぐ夏休みですね。
もう、ご家族のイベントのご予定は企画済みですか?

元気なアウトドアもいいけれど、
涼しいホールで、思いっきり冷える「怪談」にひたるのは
いかがでしょうか。

夏だからこその限定企画!

落語vs講談 怪談対決!こわいのはどっち?

タイトル通り、落語と講談、いずれも怪談を聞いていただくこの企画。
落語は五明樓玉の輔師匠による「お菊の皿」
講談は一龍斎貞寿さんによる「絵付き四谷怪談」です。

間に、ちょっとブレイクということで、
ピアニカ漫談・のだゆきさんの演奏をお聴き頂きます。

ここだけの話。
四谷怪談の絵がまたまたかなりいい感じにコワイです。
こどもに見せたい!!!!

こわいもの見たさ、とはまさにこのこと。
夏休みの特別な思い出になること、うけあいです。

まだまだご予約受付中。
さらにはフェイスブックやツイッター、
ブログ等での情報拡散協力で
予約価格からさらに10%オフになりますので
ぜひこちらのPR協力特別チケットご利用くださいませー。

===
こども寄席夏休み特別企画
落語vs講談 怪談対決どっちがこわい!?

7月24日(日)
場所/築地本願寺ブディストホール

時間/午前11時〜、午後3時〜(開場は各1時間前)
※公演前イベントとして、紙相撲大会を実施予定です

■出演/
落語・五明樓玉の輔
講談・一龍斎貞寿
ピアニカ漫談・のだゆき

■チケット代
<予約>大人2300円、子ども1700円
※4歳以下、膝上にて無料
※全席指定
※PR協力にてチケット10%オフ(PR協力チケット希望と予約ください)

■予約方法
child@mazeru.comまで、ご予約者名、希望公演時間、人数(大人・子どもそれぞれ)
子ども専用席の有無(小学生以上がご利用になれる前寄りのお席です)
連絡先を明記の上、メールください。
2、3日以内に必ず返信いたします。
(返信のない場合には届いていない可能性がありますので
080-3228-4971田村まで音あわせください)






とうとう今週末25日の開催となりました
こども寄席番外編いろいろ色物ショー

紙芝居あり、江戸曲独楽あり、紙切りあり、で
落語はないけれど、エンターテインメント性はかなりレベルが高い!!
大人も十分たのしめるショーとなっています。

こちらのショーの幕開けとなる紙芝居は
チャンキー松本作のゆうれいのお話。
あの世とこの世の間が舞台というのは何ともユニークです。

私たち大人は子どもに「死」をあまり意識させず、タブー化するばかりで
解放していないところが多々あるのは否めないことでしょう。。

そんな中でこの中間エリアでの出来事を
とてもユーモラスに描いたこちらの作品は、生と隣り合わせにある
死を自然と受け入れるようなゆるさも感じられるはず。

まるでエンタメのごった煮のようなこちらのイベント。
まだまだ当日券もありますので、ぜひぜひ大人だけでもご参加ください。