来月14日に日本橋社会教育会館で開催される、こども寄席番外編
春風亭百栄 新作VS古典 バトル落語会ですが、
着々とお客様が集まっております。

ぜひぜひ百栄師匠のコアなファンの方も
お越し下さいませ。
こちらの落語会は親子向けとはいえ、親子だけに限っておりません。
どなたでもご参加いただけますから。

さて、気になる演目なのですが。

実はこちらのCDに入っているネタから一席やっていただくことに
なりまして。

どれもおもしろいんですけど!!!!!!
でも、師匠と相談して決まりましたよ。

さて、どの噺でしょう。
それは当日のお楽しみ。

まだまだ先行予約受付しております。ぜひ!
夫婦
カオルコさんの歌のうまさは半端なかったー

新年、ちょうど月曜日から始まった2016年の仕事はじめ。
ほどよく疲れもたまり、
この3連休はいい骨休みになった人も多いはず。

ちなみに私は、1日ダウン、2日間はお仕事。
お仕事2日間のうち1日は、
31日に出演くださるめおと楽団ジキジキさんが
出演される公演へと足を運んだ。

お会いする前にみたジキジキさんのステージは
ギターも上手、歌も上手、
さらにはかおるこさんのピアニカもかなーり上手で、
大盛況でした。

これは楽しみー。

ちなみに、私の後ろに座っていた推定年齢80歳の
おじいさまたちは、

「初めて聞いたけど、いやー、なかなかええな。」
「おおぉ、面白かったわ」と高評価。
(すごい。しっかり心を掴んでる。)

ステージ終了後、ご挨拶もかねて少しお話することが
できたが、本当にあたたかいお二人でしたー。

めおと楽団ジキジキのお二人の登場は31日。
(ごめんなさい。完売です…)
「こども寄席2015春の宴〜シークレット落語会」まで
あと1週間になりました。

皆様のお席も決まり、
今は公演前イベント(紙相撲と投扇興の予定)の準備やら
より公演を楽しんでいただけるために日々バタバタしております。

そんな中、先日18日に「らくごカフェ」にて行われた
神田松之丞さんの独演会に行ってきました!
29日はトップバッターとして登場いただきます。

本当にスゴイ方なんです。
面白いんです、とにかく。
アツイんです、すごぶる。

楽しみにしていてください。

その彼のトークの中で印象的だったのが
講談と落語の違いが顕著に現れているのは「泥棒」だと。
落語の泥棒さんは怖くないんです、ちっとも。
それどころかもう情けなくて、可愛くて、というイメージが強い。

一方の講談の中の泥棒は怖いんです、本当に。
リアルです。確かに。

筋書きを話すのが講談、会話だけのナレーション技が落語
とも言えますが、いろいろな違いを楽しんでいただけると
嬉しいです。

こちらは18日より前に撮影した神田松之丞さん。
高座に上がると、別人格になるのが
素人目にもわかります。


松之丞






とうとう2011年2月13日(日)開催の
「THEこども寄席」vo.9新春特別公演の出演者も
内定し、絵付きの一席目になんの演目を披露いただくか…
今月の一大課題となっております。

そこで、vol.1〜vol.8までの出演者と演目をおさらい。

2007年7月 vol.1
落語家・古今亭菊志ん
演目/じゅげむ・元犬(どちらも絵付き)

2008年2月 vol.2
落語家・古今亭菊志ん
演目/ねずみ・初天神(どちらも絵付き)

2008年8月 vol.3
落語家・春風亭栄助
演目/ぞろぞろ(絵付き)・手水回し
落語家・春風亭柳朝
演目/ちりとてちん(絵付き)・お菊の皿

2009年1月 vol.4
落語家・春風亭柳朝
演目/牛ほめ(絵付き)・尻餅

2009年5月 vol.5
落語家・桃月庵白酒
演目/化け物つかい(絵付き)・時そば

2009年10月 vol.6
落語家・五明楼玉の輔
演目/平林(絵付き)・子ほめ

2010年1月 vol.7
落語家・橘家圓太郎
演目/強情灸(絵付き)・桃太郎
落語家・春風亭百栄
演目/天狗裁き(絵付き)・疝気の虫

2010年7月 vol.8
落語家・三遊亭きつつき
演目/狸賽(絵付き)・もぐら泥

絵本にしていない演目もまだまだ…。
いつか全集をパッケージで販売することを夢見て
ガンバなくては!!
THEこども寄席」にお越し下さる親子さんの多くは
初めて生の落語を聴く、という方が少なくありません。
ですから、どんな落語家さんにご出演頂くかは
とても重要なポイントになります。
人生初の落語がつまらない…という記憶になっては、大変!

というわけで、まだまだ落語ど素人のスタッフ田村も、
「この若手がおもしろいらしい」という噂を聞きつけては、
時間を見つけて落語会へと足を運ぶようにしています。

今回ご紹介するのは上野広小路亭にておこなわれた
「平成22年11月 立川流広小路寄席」。
実は落語会には、柳家小三治師匠が会長をつとめる落語協会と、
桂歌丸師匠を筆頭とした落語芸術協会、
そして「円楽党」「立川流」があり、
約400人の落語家が所属しているといわれています。
また関西の「上方落語協会」には約160人が所属しています。

立川流はご存じ立川談志師匠を筆頭としたグループで、
上野第二の寄席である上野広小路亭で毎月16・17日に
立川流だけの寄席がひらかれています。
私がうかがった日の出演は全部で前座さんをいれて11名。
立川流には色物さんがいらっしゃらないので、
11本落語勝負!の4時間となりました。
私はヤボ用で最後までは楽しめなかったのが残念な限り!

さて…ど素人の感想から申しますと。
何より驚いたのが前座さんのレベルの高さ。
年齢も「え?二つ目さんじゃないの?」と
見紛うほどの方も多いのですが、
話しぶりもかなりの場数をふんでいらっしゃるはず。
かなり流暢な語り口でした。

ほかに特に個人的に気になった方が立川らく朝さん。
見た目はキャリア十分の真打ちのような方(でも二つ目さん)で、実は現役のお医者様なんだとか。
そんなことをまったく知らない私は、
らく朝さんの落語に登場する“おばさん”の口調が
おもしろくて大いに笑わせてもらいました。

あとはさわやかなさバツグン!
願わくばうちの娘の小学校の担任になってほしい!と
願ってしまった立川志の吉さん。
品が漂う気持ちいい落語をきかせていただきました。
立川雲水さんは関西の方で、関西弁をきかせた落語「手水回し」を披露。
この「手水回し」は「THEこども寄席」でも
春風亭百栄師匠が披露くださった演目。
百栄師匠の口調とはまた違った関西弁独特のムードが
噺のおもしろさをもり立てていたように感じました。

と、感想をあげるとキリがないので今回はこのへんで。
立川流の人気ナンバー1(いや、落語界のナンバー1かも…)は
ここ最近では立川志の輔師匠かとお見受けしますが、
なかなか若手のみなさんも頑張っていらっしゃいました!
修学旅行向けのこども寄席も無事終わりました…。
来年もまた笑いを届けられることを切に祈りつつ、
「今日はどうもありがとうございました」の終わりの挨拶に
よりいっそう心を込めました。思いが届くといいのですが。

さて、11月は来年2月に予定されている「THEこども寄席
新春特別公演」の準備がスタート。

まずは出演者の決定です。

年2回行われる定期公演では、できるだけ初登場の落語家さんに
ご出演いただくべく、おもしろい!と評判の高い落語家さんの
公演を見に行ったり、寄席へ足を運んだり…と、
楽しいながらも大忙し。

実は、すでにこれまで「次はこの方!」と目をつけておいた
お二人の落語家さんからスケジュールが合わないとの理由から
立て続けにお断りをされてしまい…かなり意気消沈…。


でも、落語界にはまだまだ話題の方がたくさんいらっしゃいます。私が知らないお宝人物を見つけ出さねば!!

ただ、うちの「こども寄席」は、誰もが知っている有名な
落語家さんではなく、知る人ぞ知るこれから注目の落語家さんを
探す!という、私の勝手なハードルがあるために、安易には
決められないわけでして。

1日も早く朗報がお伝えできるよう、
がんばります!
本日のおすすめ

残暑お見舞い申し上げます。
みなさま、暑い夏いかがお過ごしでしょうか。

公演後、写真のアップもそこそこに
北国へと帰省し、エネルギー&体脂肪汗ともども
しっかり補給し、帰ってきました楽しい

次回公演までに、こちらのHPリニューアル、
これまでの公演にて上映したイラストを使った絵本の作成などなど…
仕事は山積みです。

さて、そんな中、先日ご出演頂きました
春風亭柳朝師匠がご出演される「本日のおすすめ。」に
でかけてきました。
柳朝師匠、やはりさわやか!

7月19日(土)
夕方になって蒸し暑さが残る中、
「THEこども寄席」8月3日(日)にご出演頂く
春風亭柳朝師匠がご出演される
「菊之丞・柳朝二人会」
を拝聴しに、湯島天神まででかけてきました。

いやいや、すごい人出で、
100名近くはいらっしゃったかと。すごい人気です!
その熱気で、冷房の効きもまったくなくなるほど。
(あ〜、ここにいらっしゃるご年配の方々が
 みなさん、お孫さんを連れて『こども寄席』来てくれたら…)
と妄想せずにはいられませんでしたたらーっ

師匠のお話は…というと…
続きを読む >>
1