「こども寄席」は落語家さんの背景にスクリーンをつけ、
大きな紙芝居と一緒に生の落語を楽しんでいただける
、ちょっと工夫を凝らしたユニバーサルな落語会です。


その面白さのほとんどを決めるのが
落語家さんの力量といっても過言ではありません。


ただ、こども寄席の場合、人気があるとか噺が面白いというだけでは
選ぶことができない部分も多くあり、条件が非常に厳しいのが特徴なのです。


そのひとつが、若手の方である、ということ。
これは、多くのお子さんがご覧になることを念頭においたとき、
若手落語家さんの圧倒的な情熱、パワーというものが
子供たちの関心を惹きつける上でとても重要になってくるから、なのです。


そのために、時間があれば日曜日の朝10時から鈴本演芸場で開催される
「早朝寄席」に足繁く通って、若手チェックを欠かしません。


今日ももちろん行ってきました。
出演は、

金原亭 馬吉
三遊亭 粋歌
柳家 小太郎
林家 さん歩

中でも、個人的には馬吉さんのうまさが際立っておりました。
品があるんですよね、噺に。これから期待の方です。


早朝寄席は真打ちになる手前の二つ目さんだけが出演される落語会で、
ワンコインで見ることができる、とってもお得な落語会です。
ご興味のある方はぜひ!
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL