「こども寄席2015春の宴〜シークレット落語会」まで
あと1週間になりました。

皆様のお席も決まり、
今は公演前イベント(紙相撲と投扇興の予定)の準備やら
より公演を楽しんでいただけるために日々バタバタしております。

そんな中、先日18日に「らくごカフェ」にて行われた
神田松之丞さんの独演会に行ってきました!
29日はトップバッターとして登場いただきます。

本当にスゴイ方なんです。
面白いんです、とにかく。
アツイんです、すごぶる。

楽しみにしていてください。

その彼のトークの中で印象的だったのが
講談と落語の違いが顕著に現れているのは「泥棒」だと。
落語の泥棒さんは怖くないんです、ちっとも。
それどころかもう情けなくて、可愛くて、というイメージが強い。

一方の講談の中の泥棒は怖いんです、本当に。
リアルです。確かに。

筋書きを話すのが講談、会話だけのナレーション技が落語
とも言えますが、いろいろな違いを楽しんでいただけると
嬉しいです。

こちらは18日より前に撮影した神田松之丞さん。
高座に上がると、別人格になるのが
素人目にもわかります。


松之丞






コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL