さて、前回のレポート、一席目の講談に続いては、色物。
実は子どもたちはこれが一番盛り上がるわけです。
だって、理屈なしに面白いんですもの。

今回は江戸曲独楽の三増れ紋さん。
何度見ても面白いんですよね〜。
会場アンケートでもアツいコメントが数多く寄せられました。

「5歳の子どもでも大いに楽しめていました」
「私も子どもも独楽を凝視してしまいました。スゴイ技でした」

れ紋さん、本当に日々頑張っている方なんです。
その努力あってこそのあのステージ。
そう思うと、感動もひとしおでした。

★写真1 真剣を使っての技。この刃の先に独楽を止めるなんて!
れ紋・刀

★写真2 こちらは扇の上で独楽を回す技。紙の厚さってどのくらい?
れ紋・扇

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL