レポートの最後を飾るのは、三遊亭萬橘師匠の落語です。

3月にも谷中のほうに萬橘師匠の落語を聞きに伺いました。
(たけ平さんと志の春さんと3人でやっている会です)

やはり客層に合わせるといいますか、
子供相手にいろいろ考えてくださっているといいますか、
谷中の落語会とはまた違った萬橘師匠の落語を見せていただきました。

とにかく、パフォーマンスがうまいんですね、この師匠。
新幹線を捕まえて食べるのはもう定番ですが、
子どもたちのツッコミで、蕎麦だけじゃなくて、
お箸まで食べていましたから。
それがもうリアルでシュールで。
すごい落語家さんです、この方。

実は講談・色物・落語すべてに関して
午前と午後では少し芸風が変わりました。
どちらも素晴らしいのですが、本当にこのこども寄席の
子どもたちにより面白いものを見せたいという心意気が
伝わってきて、プロを感じました。

またのご出演、心よりおまちしております。

★写真 今回は落語は素話のみ。だからこそ、師匠のパフォーマンスに目が釘付け
萬橘2
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL