先週の日曜日、こども寄席初となる日本橋社会教育会館での公演を
午前の部、限定で行いました。

季節の変わり目なんですね、お子様の調子が急に悪くなって
ということで、突然のキャンセルが2、3組続きました。

※でも、こども寄席は事前連絡のあったキャンセルに関しては、
払い戻しはできないのですが!
次回以降半年間にわたり、次にご予約いただいた公演のチケットが
半額になる、50%オフチケットになります。


それでもほぼ満席のお客様を迎えて無事公演を行うことができました。
ご来場、誠にありがとうございました。


★開口一番 神田松之丞「海賊退治」




大人的にはバッサバッサと立ち回るアクティブな動きを
アツイ語り口で表現するこの演目は、講談の醍醐味をギューッと
詰め込んだ感じでおもしろかったのですが、
子どもたちはいささか難しかった部分も。
それでもお客様を笑いに巻き込む話技はさすが松之丞さんでした。



★江戸太神楽 鏡味味千代





この方、美しいだけじゃなくて、芸も鮮やか。
もう子どもたちの目が彼女の演技と動きに釘付けでした。
「えええ、無理だよ〜」と心配するような声も聞こえてきて
本当にいい子たちなんだな〜とうれしくなってきちゃいました。


★落語 三笑亭夢丸




今年3月に夢吉あらため夢丸さんと改名され、
真打ち昇進をされた三笑亭夢丸さん。
子どもたちの心を掴ませたら日本一なんじゃないかと
思うくらい、子どもたちを笑いの渦へと引き込んでいました。
想像するということの楽しさ、十分にわかってくれたようで
何よりでした。


次回は11月14日、同じ日本橋にて2015年最後の公演を開催します。
ぜひぜひ遊びに来てください。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL