さて、前回のレポート、一席目の講談に続いては、色物。
実は子どもたちはこれが一番盛り上がるわけです。
だって、理屈なしに面白いんですもの。

今回は江戸曲独楽の三増れ紋さん。
何度見ても面白いんですよね〜。
会場アンケートでもアツいコメントが数多く寄せられました。

「5歳の子どもでも大いに楽しめていました」
「私も子どもも独楽を凝視してしまいました。スゴイ技でした」

れ紋さん、本当に日々頑張っている方なんです。
その努力あってこそのあのステージ。
そう思うと、感動もひとしおでした。

★写真1 真剣を使っての技。この刃の先に独楽を止めるなんて!
れ紋・刀

★写真2 こちらは扇の上で独楽を回す技。紙の厚さってどのくらい?
れ紋・扇

先月末に開催したこども寄席より早一週間が過ぎました。
GWも終わりですね。
皆様、いかがお過ごしになられましたか?

私は畑に、田植えに、片岡球子展に、と
農とアートに使って充電したおやすみとなりました。

このふたつ、本当に重要なエネルギー補給源なのです。
大地のエネルギーとアートの力でかなり元気になります。
みなさんのエネルギーの源はなんでしょうか。

さて、レポート第二弾はこども寄席開口一番となった「講談」。
神田松之丞さんですね。
本当に素敵な方なのです、この方。
とても真面目で、きさくで、いい男で。
はじめてです、公演2時間前に楽屋入りして、
スタッフに混じって、チラシの挟み込みをした出演者さまは。
リハをやっていたかと思いきや、いつの間にかスタッフの間に。

本当にびっくりでした。

この日の演目は「違袖の音吉」
この音吉のわんぱくぶりと、その相手となる親分の
ドスの効いた台詞回しのギャップがサイコーです。
そのへんのお芝居を見ているよりも、想像がグルグルと
掻き回されて、刺激的なのです〜。

また9月のこども寄席にもご出演いただく松之丞さん。
これからイチ押しの講釈師さんであることは間違いありません!

★写真1 松之丞さん、メガネを取ると戦闘モードの合図です
松之丞メガネ取る

★写真2 最後、イケメンに成長する音吉は松之丞さんとどこかかぶっています
松之丞 絵付き2
「こども寄席、全国制覇!」と、公言するようになって
いろいろ動きがポジティブになってきました。
(正確には、ような気がしています)

その動きのひとつが、
今日のJFN(Japan Fm Network)への出演です。

こども寄席がFM番組の中で紹介していただけるということで
生放送のスタジオに参加してきました。

番組名は「News Delivery」
FM山口で生放送されるですが、
関東エリアはインターネット放送のみ、とのこと。

でも、全国制覇を願う私としては本当にうれしい限り。
「Tokyo 道草ライフ」という25分ほどのコーナーに
呼んでいただいてインタビューを受けました。

テレビと違って顔が映らないことをいいことに、
のんびりリラックスしながらお話することができました。

こども寄席が他の落語会と違うところ、
子どもたちの反応、落語や伝統芸能の良さなど、
質問は予定外に幅広くなっていったのですが、
何とか答えられたかな(汗)。

山口のみなさーん、
ぜひぜひこども寄席、よんでください。
よろしくお願いします。


image1.JPG


どんなささやかなことでも、こども寄席に関することは
つぶやいていこう、と決めた2015年。

ですが、くだらないこともしばしば。
お許しください。

今は、メルマガ会員限定のシークレット落語会(4月下旬に決定!)の
ご案内メルマガを作成中。

なんといっても、出演者、昨日決定したばかりの
ホヤホヤですから。

自画自賛ですが、今回も間違いなく面白いです。
理想のキャスティングができました。

今週末にはメルマガ会員の皆様にお送りできると思います。

今回は、会員限定の落語会なので、

チラシもつくりません。
ホームページにも告知しません。

あっ、こちらのブログには後ほど詳細を記載しますが、
それはメルマガ発送後、です。

とっておきなのです、フフフ。

今週末は、このメルマガを会員さんにお送りしたあと、
ひどい冷え性(私)の対処療法として
自分の畑で採れた野菜とらでぃっしゅさんのお野菜を使って
からだのあったまるメニューを作りたいと思います。

余談ですが、最近「分子整合栄養医学」に興味津々です。
女優の中谷美紀さんがこれでとても美しく、健康になられたそうで。
あまりの冷え性体質を改善すべく、栄養を見直そうかと。

事実、タンパク質(大豆やお肉、チーズとかお魚がメイン)を
たくさん摂取するようにして、炭水化物を抑えたら
体重も減りました、ほんの少しですが。

ここ10年以上痩せたことがなかったので
嬉しかったなぁ。

先日、チーズフォンデュを食べたときは
異常に体が熱くなったし。

タンパク質、重要かもです。

皆様もお子さんともども、栄養見直してみてください。
料理のレシピを考えるのも素敵ですが、
その前に栄養あり!かもです。

【送料無料】 西日本 無農薬野菜セット 西岡農園 (高知県)。  九州・四国のお野菜をお探...

旬のグルメやフルーツを一番おいしい時期にお届け!北海道のグルメから定番ギフトまで豊富に取...
ご報告が少し遅くなりましたが。
先月29日に「若手寄席あちゃらかもくれん」を見に
行ってまいりました。

個人的な話で恐縮ですが、
私はこども寄席にご出演いただく落語家さんを決めるために
気になる落語会があれば、出来る限り足を運んで、
自分の目で確かめてから、
ご出演を依頼することを信条としています。
人気が高くても、噂にうまい噺家と聞いても、
最後は自分の感覚を信じて選ばせていただきます。

春風亭ぴっかりさんもその一人。
今や、テレビ番組のレギュラーはもちろん、
大人AKBの最終選考まで残ったという、
見た目はもちろん、落語家としての実力もかなりの
評判の方なのです。

そして実際にお会いして、お話して。
その可愛らしさに、じーっと見入ってしまうほど。

本当に超キュート!!!
もちろん噺もかなり面白い!!


その春風亭ぴっかりさんが
来年1月10日、11日の「こども寄席2015新春特別公演」に
ご出演いただくことが決定しました!!!


やった!!!

ちなみに来年は2日間連続公演となり、
10日はこども寄席、
11日は講談と変わり色物さんを加えたNEOこども寄席と
なっております。

キャスティング等は今後お知らせする予定。
ちなみに気になる先行予約は来月上旬から。
先行予約ご希望の方はメールフォームにご登録ください。

よろしくお願いいたします。
「こども寄席」は落語家さんの背景にスクリーンをつけ、
大きな紙芝居と一緒に生の落語を楽しんでいただける
、ちょっと工夫を凝らしたユニバーサルな落語会です。


その面白さのほとんどを決めるのが
落語家さんの力量といっても過言ではありません。


ただ、こども寄席の場合、人気があるとか噺が面白いというだけでは
選ぶことができない部分も多くあり、条件が非常に厳しいのが特徴なのです。


そのひとつが、若手の方である、ということ。
これは、多くのお子さんがご覧になることを念頭においたとき、
若手落語家さんの圧倒的な情熱、パワーというものが
子供たちの関心を惹きつける上でとても重要になってくるから、なのです。


そのために、時間があれば日曜日の朝10時から鈴本演芸場で開催される
「早朝寄席」に足繁く通って、若手チェックを欠かしません。


今日ももちろん行ってきました。
出演は、

金原亭 馬吉
三遊亭 粋歌
柳家 小太郎
林家 さん歩

中でも、個人的には馬吉さんのうまさが際立っておりました。
品があるんですよね、噺に。これから期待の方です。


早朝寄席は真打ちになる手前の二つ目さんだけが出演される落語会で、
ワンコインで見ることができる、とってもお得な落語会です。
ご興味のある方はぜひ!
2月2日 THEこども寄席へご来場頂きましたお客さまへ

本日は、こども寄席へのご来場、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

例年よりも数多くのお客さまにお越しいただくことができたことは、
何よりうれしいと同時に、いろいろ行き届かない点も多く、
多くのお客さまにご迷惑、ご不快な思いをさせてしまったかと思います。

心より深くお詫び申し上げます。

アンケートにも厳しい御意見がいろいろございました。

小さな子どもを連れた方の入退場を楽にしてあげる配慮が欲しい。
→そうですよね。公演前に一声、「泣いてしまった、声をあげてしまうお子さまは
いつでもロビーの外へお連れ下さい」と言えば、もっと出やすかった、と
猛反省しております。配慮がいき届かず、公演中、気になったお客さまも多かったと
思います。以後、十分にお声かけさせて頂きたいと思います。

縁日が混雑しすぎ!
→申し訳ございません。狭いロビーで頑張りすぎてしまっています。
今後は入場人数をもっと考え、連日公演にするなどの配慮のもと、
ミニ縁日をよりスムーズに開催できるよう努力いたします。

演目が難しかった
→絵がついているから、あえて、とトライした演目でした。
やはり「おたいこ」さんの存在など、想像するに難しい設定は
子どもにはなかなか難しかったです。こちらも今後の参考にいたします。


うれしいお言葉も!
まんじゅう怖い、おもしろかったです。
→素話をオモシロイ、と感じて頂けるのが私どもの公演でも
一番うれしいことの一つです。ぜひこれからも落語を身近に感じて
いただけると幸いです。

こうした貴重な御意見を大事にしつつ、次公演に生かして公演を進化させたい
と考えております。ぜひまたのご来場、心よりお願い申し上げます。

本日はありがとうございました。




今日も続々ご予約を頂き、心より御礼申し上げます。
今日は遅ればせながら、チラシならぬご案内のハガキづくりをしました。
といっても、まだ完成しておりませんが泣き

何とか年始のご挨拶には間に合うように頑張りたいと思っております。

そちらのご紹介にも記載しています恒例となっております「ミニ縁日」。
こちらの一番人気が飴細工師・五十嵐俊介氏による「即興!オリジナル飴細工」です。
1本400円〜で、その場でリクエストに応じて飴細工を作って下さるわけですが、
1本にかかる時間は約3分。モノによってマチマチではありますが、時間をかけてつくると
飴が固まってしまうために、手早くつくらないといけないのです。

その場のリクエストに応じて、何でも作れるようにしなくてはいけないために
練習はもちろん、子どもたちの好きなモノ、人気キャラクターもチェックするよう。
ただ、飴細工は昔からあるものなので、やはり干支や動物といった定番が一番
かっこよく、人気が高いようです。

五十嵐さん、本職は春日部張り子職人でいらして、招き猫本舗「玩古庵」というお店をやりつつ、張り子教室や展示会など、いろいろご活躍されています。
ぜひこちらのお店もチェックくださいね。


ただ今、2013年2月2日開催の「THEこども寄席」新春特別公演の先行予約中!
ぜひホームページのトップページをご覧頂いて、ご予約お申し込みください。

今日は私どものサポートスタッフのお話を少し…。
私どもの公演はより安価で良質な公演を提供したい!という思いから、
PR手段を限定し、徹底したコスト削減を実現。
チケット代をギリギリまで低価格にしています。

でも、子どもたちを「親に連れてこられた公演」という思いではなく、
「親に連れてきてもらって良かった公演」にするために、
公演前にはミニ縁日などの子ども中心のプレイベントを開催しています。

このプレイベント、かなり人手が必要。
でも一番高いのは人件費…。

悩んだ末、実現できた形が「有償ボランティア」というスタイルです。
私どもの公演の主旨に賛同下さって、
交通費+お昼代程度のお支払いで、終日イベントを支えてくれている貴重な存在が
私どものサポートスタッフです。
その中には、vol.1からずっとサポートくださっているベテランのスタッフもいます。
彼らの笑顔とパワーによって、こども寄席は成り立っています。

今回は、久々にvol.2〜3あたりでお手伝い下さっていた女性スタッフが
またお手伝いします!とうれしい連絡がありました!!
彼女は子どもの写真を撮らせたら日本一の笑顔をおさめられる
素晴らしい才能の持ち主!!今回もいい顔たくさん撮ってもらう予定です!

ミニ縁日はそんなあたたかいスタッフと触れあえる貴重なひととき。
ぜひぜひ、いろいろコミュニケーション楽しんで下さい!!