2010年も残すところあと1日となりました。

今年は新春の連続公演からスタートし、
夏の公演後には、THEこども寄席初の出張公演を行い、
秋には昨年以上の修学旅行生にこども寄席を
楽しんでいただきました。

ただ見るだけの寄席(落語)ではなく、
話芸の素晴らしさ、楽しさをしっかり体感してもらうべく
公演前のプレイベントにも力を入れ、
子どもたちに十分リラックスしてもらってから
落語を見てもらうことを心がけてきました。

また、ご家族みなさんでご覧いただけるよう
チケット価格もギリギリにおさえている関係で
多くのボランティアの方やお客様に支えて頂いております。
PRに関しては常連の方の口コミやご好意による
チラシ配布など、多くの方のご協力で成り立っています。

本当にこうして3年もの間続けることができたのは
多くの皆様のご協力あってのこと。

1年が終わる今、心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
ただ、ただ感謝のみです。

来年はまたこの輪(和)が少しでも広がっていくよう
頑張りたいと思います。

こちらをご覧頂いた皆様の来年が
健やかで幸せを感じることができる1年となるよう
心からお祈りしております。
毎年、年明け1月〜2月に開催する「THEこども寄席」は
新春特別公演と題して、神戸の生田神社ゆかりの「誕生獅子」が
登場。さらに公演前には「ミニ縁日」と題して、
飴細工師の五十嵐俊介氏を招くなど、
通常公演とは異なり、寄席以外に新年のイベントとして
ご家族で大いに盛り上がって頂ける内容となっております。

そして、昨年から「誕生獅子保存会」のリーダーであ
る木藤さんをはじめ保存会の方のお力をお借りして、
見る以上にやることが楽しい!という獅子舞を
ぜひ親子で体験してもらおう、という「獅子舞体験ワークショップ」を開催。
2組の親子さんが参加され、大いに盛り上がりました。
※その時の感想レポートはこちら

そして今年も多くの方のご協力をいただき開催が決定しました。
しかも、今回は平日お仕事で忙しいお父さんでも参加いただけるよう、練習日は週末(日曜日)に集中させました。

このワークショップのよさは、親子で本気で汗をかいて、
心から楽しめて、一生の思い出になること。
ぜひこのチャンスをご活用ください。
※残りあと2,3組となりました!ぜひお早めにお申し込み下さい。

ワークショップ詳細は以下の通りです。
来年2月13日の「THEこども寄席」まで3カ月を切りました。

ようやく出演者の方も決定(いい人が見つかりました!)し、みなさまへのご案内を作成中。もう少しで告知&先行予約をスタートさせますので、しばしお待ち下さい。

その前に…昨年から、いつも新春特別公演だけに出演される「誕生獅子」の舞を、見るだけではなくぜひ親子に体験してもらおう!と「親子で挑戦!獅子舞体験ワークショップ」を開催しました。

今年もいろいろな方のご協力を得て、開催することが決定しました楽しい
といっても、まだ詳しい練習場所が決定されておらず、練習日も1月〜2月の週末に3回ほど…というアバウトな状態たらーっ

詳しいご案内まではもう少しお待ち下さい。

その前に…
昨年参加された2組の方から体験レポートが届いていますので
そちらのご案内を。

まず1組目は、勝田さん親子です。
随分ご無沙汰しております。

前回…といっても、もう3カ月以上前になりますが
THEこども寄席vol.8の公演レポートもご報告していない状態で
大変失礼しておりますショック

現在、THEこども寄席を中心とした「ちゃいるどEYEぷろじぇくと」は、新しいHPを制作し、より私たちの思いと公演情報を
多くの方にお知らせすべく、がんばっております。

そしてこの10月は「THEこども寄席修学旅行生特別版」を
実施しております。

昨年は2校だったのが、今年は4校にこども寄席
ご覧頂いております!

通常公演は来年2月に新春の特別公演を実施できる予定ですが
その前に昨年好評だった「獅子舞体験ワークショップ」を
実施せねば…と画策中。

改めて決まりましたらブログにてご紹介いたします。
しばしのお待ちを!
もうすでに数名のお客様から

「THEこども寄席vol.8」が7月3日(土)に
開催される?って聞いたのですが、詳細がどちらにもなくて…


というお問い合わせを頂いております。

申し訳ございませんショック!!!

実は(言い訳です…)
ただいま、19日開催の「こじゃずvol.3」の準備等の
まっただ中で、こども寄席の準備がかなり、いえヒジョーに
遅れております悲しい

開催が決定したのも最近のことなのですが、
それにしても告知までもが遅すぎる…。

というわけで、ブログ上ではありますが、
概要をご報告いたします!!


ミニ縁日を遠慮がちに拝見なさっている圓太郎師匠


16日の絵付き演目「強情灸」

THEこども寄席vol.7 新春特別公演
無事終了いたしました。

公演レポートは近日中にアップいたしますが、
本当に多くのご家族にお越し頂き、心より御礼申し上げます。

ずっとレポートを掲載してきました
「獅子舞体験親子ワークショップ」の最終舞台も
素晴らしい演技で締めくくることができ、
子どもたちの頑張りを見続けてきた者としては
涙無しには見ることができませんでした。
最終練習を終えたとき、参加頂いたお母さまが
「(子どもは)いつもの120%くらい頑張っていると思います」
と笑顔でおっしゃった言葉が何度も思い出されました。

伝統芸能を体験して何を感じてもらいたいと思って
はじめた親子ワークショップでしたが、
体験した方の感想は後ほどご紹介するとしても、
見ているサイドとしても、これほど子どもたちの頑張りや
成長に感動させられるとは思っても見ない結果でした。
やはり舞台は人の力や思いへの感動が波動して
多くの人の心を動かすんだと、当たり前のことを痛感させられました。

THEこども寄席の次回は、夏休みか夏休み明けに
検討中です。
今後はこちらのホームページで
オリジナル絵本を購入できたり、こども寄席に関連する
企画も検討していきたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
獅子舞4

獅子舞2


たった1週間の間の数回の練習で「THEこども寄席」の舞台で
「誕生獅子」を一緒に演舞しよう!という
かなりハードルの高い目標を掲げた獅子舞体験ワークショプ。

3連休にも関わらず、第2回目の練習が行われました。

といっても、実は17日の公演に出演される勝田さん親子は、
9日(昨日)、三田のほうの老人ホームで行われた
誕生獅子の披露会にも参加し、小学2年の柚衣ちゃんは
おじいさん・おばあさんの前で見事にワキを演じたとか…。

今日は16日の公演参加の萩原さん親子も参加。
指導役も誕生獅子保存会のリーダーである木藤さんをはじめ
3名の指導者のもと、通し稽古を中心とした練習が行われました。

ワークショップ2

今回、見るだけではなく体験でもって
伝統芸能の素晴らしさを感じてもらうことも目的に
企画しました「獅子舞ワークショップ」。
告知が遅かったこともあり、なかなか集まりが悪かったのですが、

最終的に2組の親子からご参加の意向をいただきました楽しい

そして7日に行われたオリエンテーション。
いずれも「誕生獅子」を見るのは初めて!ということで
DVDを見ながら動きとトライ頂くポジションを解説。

最後には何よりやってみること!ということで
誕生獅子の木藤さんの指導のもと、
ステージ上で大筋の動きをチェックするまでに拍手

子どもたちにはワキという、獅子舞を導く役を。
お母さんたちには雄獅子の後ろをやって頂くという大役に挑戦
してもらうことになりました!!

16,17日の舞台に向かっての第一歩は上々の出足のようですグー
「THEこども寄席」vol.6の10月の公演では
五明楼玉の輔師匠にご出演頂いたこともあり、
記念もかねて、玉の輔師匠オリジナルデザインの
「THEこども寄席」オリジナルてぬぐいを作りました。

半分に切って、ハンカチのように子どもたちに
活用してほしい、との思いがあってのデザインだったのですが、

その母の思いを汲んでか、
うちの娘(小学1年生)は、毎日学校に持っていくハンカチの
代表選手がこのてぬぐいとなりました。

もちろん、毎日使うと、裁断した部分はどんどんほつれて
糸がこんがらがる始末…。
でも、それを丁寧にハサミで切りそろえることで
体裁よく、しかも愛着も深まり、使うほどに味がでるようです。

小さく折りたためるのが気に入っているみたい。

tenugui
水色とオレンジの2色展開なのが、THEこども寄席オリジナルてぬぐい。
マスクやら給食袋などと一緒に、学校必須アイテムを入れている
引き出しの中に収納されている
獅子舞

最終舞台は「THEこども寄席」の舞台!

親子で獅子舞体験
誕生獅子ワークショップ参加者募集のお知らせ


毎年、新年恒例となりました「誕生獅子」の舞ですが、
今回、こちらの獅子舞を親子で体験できるワークショップを
開催いたします。数日間の練習後、最後は1月16日、17日で
行われる「THEこども寄席」の本番で、他のメンバーと一緒に
ご出演頂きます。伝統芸能を見るだけではなく、身をもって体験する
ことができる絶好の機会! 貴重な親子体験となるはずです。
親子2組限定ですので、ぜひお早めにお申込下さい。

【募集人数】親子二組
【参加費】無料
【参加条件】
1・お子様が小学校3〜6年生までで、説明会および練習に
  親子で参加できる方
(説明会1月6日、練習日1月7日(必)、1月12日〜14日の3日のうち2日間参加、時間は午後7時半より1時間)
2・原則として父子(もしくは母子)のペア参加
【申し込み締め切り】
2009年12月30日(先着順にて決定)
【ワークショップ会場】
築地本願寺ブディストホール

お問い合わせ、お申込は
child@mazeru.comまで