先週の土曜日、東府中方面の学童児童のご家族を対象に
こども寄席の出張公演を行いました。

ご出演いただいたのは、こども寄席でも
人気の落語家、三笑亭夢丸師匠と
太神楽のミューズ、鏡味味千代さん。

夢丸師匠は所作でも小話でも、
もちろん落語でも、子どもたちの心を
グーっとじわじわと掴むのが目でわかるんです。
さすがの話芸というか
ハナシ力で、会場が笑いに包まれました。

一方の味千代さんが芸を披露すると、
「スゲー、スゲー」の連発。

ある場面で、味千代さんが「失敗するかも…」と
弱音を言うと、「あの人なら大丈夫だよ」と子どもたちが
太鼓判を押す有様。なんと微笑ましい!

70名ほどの小さな会場でしたが、
その分、アットホームな雰囲気に包まれて
穏やかなこども寄席を開催することができました。

またいろいろなところへ伺いたいものです。

※ちなみに、9月27日の日本橋公演でもこちらのお二方に
お会いすることができます!ぜひ足を運んでください。
(まだ10席ほどご用意あります〜)



皆さん、春風亭一蔵さんという落語家さんをご存知でしょうか。
恰幅もすごいのですが、噺も快活で本当に面白い、
ノリにのった落語家さんです。

先日、一蔵さんに、とある千葉県内の小学校4年生対象の
落語教室にご出演いただきました。

さまざまな所作や小話など
子どもたちへの落語ワークショップをおこない、
おしまいに「子ほめ」を披露してくださいました。

本当におもしろかった。
あそこまで子どもたちを笑わせられるなんて…
すごいパワー、しかももてなし力が高い!

ここで来年1月のこども寄席新春特別公演は
一蔵さんしかいない!!と確信し、
ご出演をお願いした次第です。

でも、今年はまだ9月27日と、11月14日と
2公演、日本橋で行います〜。

まずはそちらにぜひ遊びに来てください。
お待ちしています。
8月の最後に見た落語会となったのは
「神保町グイグイ系」。

といっても誰がでているのかわかりませんよね。

桂宮治、神田松之丞、春風亭一蔵

このお三方です。

わー、濃い。
濃厚です。

ラーメンなら確実に九州、とんこつ系。

とってもいい意味で、お腹いっぱいになります。

どの方もすべてこども寄席とはご縁の深い方。
(一蔵さんは9月に学校寄席にご出演いただくので)

ということは、
こども寄席って、相当濃い味なのか???

思わず、考え込んでしまいました。
私、とんこつ好きだし…。
でも、子どもに消化できるのだろうか…。

でも、いいんです。大丈夫!
すごくおもしろいんですもの。

宮治さんのお腹が少し肥えて、
松之丞さんが少しやつれて見えたのは気のせいかもしれませんが、
お三方のパワフルぶりはまだまだ顕在ということで
涙を流して笑わせていただきました。

らくごカフェのカワイイお姉さまにも
顔を覚えていただいたみたいで、
また行かねば〜。

まず最初に、謝罪いたします。

メルマガ届いていません!というメールを
本当にたくさん頂いております。

本当に申し訳ございません。

まだ、gmail、hotmailを中心に
受信拒否されてしまう状況は変わりなく続いております。
対応中ですので、しばしお時間をください。

あとはやはり届かない携帯メール。
携帯から送っていただけるのは本当にうれしいのですが、
こちらからのメールが届かない💦
URLのリンク付き拒否だったり、
文字数オーバーで拒否だったり。

あー、迷惑メールフィルターが強力なのはいいことですが、
こちらのメールも拒否られてしまうわけで。

なかなか大変でございますが。

それでも、こちらのスタッフブログ等をチェックいただいて
ご予約をくださるお客様が後を絶たず、
まずは満席となりましたので、ご報告です。
本当にありがとうございました。

ですが…

ええええ!!

とお怒りになってしまっている方。

メルマガ来てない!聞いてない!

とお怒りの会員の皆様。

そんな皆様のために、追加公演をさせていただきます。

日時は11月14日(土)の同時刻。
場所も日本橋社会教育会館です。


先行予約は9月中旬よりご案内いたします。
この予約までにはメルマガ問題を解決できるよう
最善の努力をする所存。
しばしお待ちくださいませ。
神田松之丞さんといえば、こども寄席にも出演いただき、
9月27日もご出演いただく、実力&人気ともども急上昇中の若手講談師さん。

この方の会にはできるだけ足を運びたいと思っているのですが、
こちらの「松之丞百席」は今のところ、皆勤賞です。

びっくりなのは、本当に女性が多いんです。
平日の鈴本とはわけが違う!

やっぱりイケメンだからかなぁ。

でも、打ち合わせのときはめちゃ低姿勢で、しかも猫背だったりして。
別人格なんです。そこがまた魅力なんですが。

私は松之丞さん、誰にあってもイチオシ!と紹介します。
「どんな会なの?」と聞かれると
「大人向けの粋な読み聞かせの会みたいな感じ」と返答します。

読み聞かせ、私も小学校で子どもたちにやっていますが、
あの時間は本当に心地いいものなんですよね。
自分で本が読むのが苦手(私のこと?)な子でも、
読み聞かせは集中して聞いてくれる子がほとんど。

人が語ってくれる物語は面白いです。
それがましてや松之丞さんならなおさら。

また来年もこども寄席にご出演いただく予定。
9月は何の演目やってくれるのかな〜。
お任せにしようかな〜。

これから本当に楽しみな講談師です。


※写真は昨年打ち合わせのときの秘蔵映像(カワイイ)