夏休みまっただ中、暑い日が続いています。
私どもは8月1日に築地本願寺ブディストホールで開催される
「音と対話するコミュニケーションライブ こじゃず」の
準備がピーク。バタバタです。

ちなみにまだまだ予約受付中!
お時間ある方はぜひぜひおてかけください。
夏の思い出の1ページになること、うけあいです。

さて、実は9月27日(日)午前10時半から
「THEこども寄席シークレット公演 in日本橋」が開催される
という
情報がメルマガ会員の方にすでに広がっております。

事実です。やります。

ちなみに午前の部1回公演のみなので、
今回もメルマガ会員さま限定のシークレット公演となります。

こちらの出演者等の情報、および先行予約のご案内は
こちらのスタッフブログ&ホームページのトップ画面にて
8月3日から5日までに愛大に掲載予定です。

先行予約はそこからスタートです!

また、こちらのシステム上の問題で、一部のメルマガ会員の方に
先行予約のご案内メールが届かないというトラブルが起こっています。
ですので、メルマガ配信の前にこちらのスタッフブログおよびツイッターのほうで
先行予約の配信をすることにしました。

ぜひご注目くださいませ。

本当は「夏休みこども寄席」を開催したかったのですが、
場所が確保できず断念。9月も1回公演ですので、
できれば年内にもう1回、開催したいとは考えているのですが。

9月の出演者は、私的には豪華なラインナップです。
ご期待ください。
レポートの最後を飾るのは、三遊亭萬橘師匠の落語です。

3月にも谷中のほうに萬橘師匠の落語を聞きに伺いました。
(たけ平さんと志の春さんと3人でやっている会です)

やはり客層に合わせるといいますか、
子供相手にいろいろ考えてくださっているといいますか、
谷中の落語会とはまた違った萬橘師匠の落語を見せていただきました。

とにかく、パフォーマンスがうまいんですね、この師匠。
新幹線を捕まえて食べるのはもう定番ですが、
子どもたちのツッコミで、蕎麦だけじゃなくて、
お箸まで食べていましたから。
それがもうリアルでシュールで。
すごい落語家さんです、この方。

実は講談・色物・落語すべてに関して
午前と午後では少し芸風が変わりました。
どちらも素晴らしいのですが、本当にこのこども寄席の
子どもたちにより面白いものを見せたいという心意気が
伝わってきて、プロを感じました。

またのご出演、心よりおまちしております。

★写真 今回は落語は素話のみ。だからこそ、師匠のパフォーマンスに目が釘付け
萬橘2
さて、前回のレポート、一席目の講談に続いては、色物。
実は子どもたちはこれが一番盛り上がるわけです。
だって、理屈なしに面白いんですもの。

今回は江戸曲独楽の三増れ紋さん。
何度見ても面白いんですよね〜。
会場アンケートでもアツいコメントが数多く寄せられました。

「5歳の子どもでも大いに楽しめていました」
「私も子どもも独楽を凝視してしまいました。スゴイ技でした」

れ紋さん、本当に日々頑張っている方なんです。
その努力あってこそのあのステージ。
そう思うと、感動もひとしおでした。

★写真1 真剣を使っての技。この刃の先に独楽を止めるなんて!
れ紋・刀

★写真2 こちらは扇の上で独楽を回す技。紙の厚さってどのくらい?
れ紋・扇

先月末に開催したこども寄席より早一週間が過ぎました。
GWも終わりですね。
皆様、いかがお過ごしになられましたか?

私は畑に、田植えに、片岡球子展に、と
農とアートに使って充電したおやすみとなりました。

このふたつ、本当に重要なエネルギー補給源なのです。
大地のエネルギーとアートの力でかなり元気になります。
みなさんのエネルギーの源はなんでしょうか。

さて、レポート第二弾はこども寄席開口一番となった「講談」。
神田松之丞さんですね。
本当に素敵な方なのです、この方。
とても真面目で、きさくで、いい男で。
はじめてです、公演2時間前に楽屋入りして、
スタッフに混じって、チラシの挟み込みをした出演者さまは。
リハをやっていたかと思いきや、いつの間にかスタッフの間に。

本当にびっくりでした。

この日の演目は「違袖の音吉」
この音吉のわんぱくぶりと、その相手となる親分の
ドスの効いた台詞回しのギャップがサイコーです。
そのへんのお芝居を見ているよりも、想像がグルグルと
掻き回されて、刺激的なのです〜。

また9月のこども寄席にもご出演いただく松之丞さん。
これからイチ押しの講釈師さんであることは間違いありません!

★写真1 松之丞さん、メガネを取ると戦闘モードの合図です
松之丞メガネ取る

★写真2 最後、イケメンに成長する音吉は松之丞さんとどこかかぶっています
松之丞 絵付き2
4/29 こども寄席vol.16レポート 
その1/公演前イベント

こども寄席の特徴のひとつでもある公演前イベント。
余裕をみて早く会場にお越しになったお子様の楽しみのひとつに
なれば、とはじめたイベントですが、
最近はこちらのイベントメインというお子様も多くなってきたよう。

今回は最近やらなくなった紙相撲。
せっかく同じ会場に集まった仲間どおし。
年齢を超えて楽しめるのも魅力のひとつです。

一生懸命作った相撲のコマ。
もっと褒めてあげたらよかったな、と反省です。

公演前イベント2